千代田線北綾瀬駅 南口徒歩2分の歯医者さん 日本歯周病学会歯周病専門医による歯周病治療 インプラント治療 矯正治療

歯のメンテナンス

歯のメンテナンス

メンテナンス(PMTC)とは

「PMTC」、耳慣れない言葉かもしれません。
PMTCとは『プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング』の略で、「歯科医師・衛生士のように特別な訓練を受けた専門家により、器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面の歯肉縁上および縁下のプラークを機械的に選択除去する方法」となってます。

最近PMTCが浸透してきた背景として、患者さんののホームケアを中心としたプラークコントロールだけでは、健全な口腔衛生状態を保つことが難しいことが明らかになっています。
患者さんだけではコントロールしきれない部分を見つけ出し、そこを専門家が維持管理していくことで、私たちと患者さんが共通の目的を持つことができ、より強い信頼関係が生まれるものと考えています。

今やPMTCは、予防歯科にとって欠くことのできないシステムとなりつつあります。

 

当院メンテナンス(PMTC)について

治療を終了した後、良好なお口の状態を維持管理するためにメンテナンス(PMTC)は欠かすことができません。
一度歯周病に罹られた方は、再発が多いとの報告があります。
不治の病というわけではありませんが、治ったといっても溶けた骨が再生して戻るわけではなく、その多くは歯肉と歯の弱い結合が得られるだけなので、プラークコントロールをさぼったりするとまた歯周ポケットができてしまうのです。
また、一生懸命治療を受けても(私たちが行っても)、歯周ポケットが完全に治らない場合もあります。
だから、もうこれで来なくてもいいということは、残念ながらありません。

当医院ではメンテナンス(PMTC)として、口腔内診査、ブラッシングを中心とした口腔衛生指導、歯石除去などを行っていますが、歯周病に罹られた方、虫歯の多い方、たくさんの修復物を入れられた方にはメンテナンス(PMTC)をお勧めしています。

メンテナンス(PMTC)の手順

プラークの染め出し,研磨剤の塗布,歯と歯の間の清掃研磨,そのほかの部分の清掃研磨,洗浄,フッ化物の注入の順に行います。


主に使用する器具とチップ(先端)です。


チップにはプラスチック製のものを多く使用しますが、場合によっては金属製のものや、木製のものを使用します。
これらのチップをPMTC用の器具に取り付けると、目に見えるくらいの速度で前後運動をし、歯面を研磨していきます。
そのほかの部分の清掃研磨にはブラシや、ゴム製のチップを使用します。


実際に歯と歯の間の清掃研磨を行っているところです。


清掃が終わったら、含嗽剤でお口の中を洗浄します。


最後に歯面にフッ化物を塗布して、虫歯と知覚過敏の予防をします。

左は実際に当医院の歯科衛生士がPMTCを行っているところです。
痛みは全くなく、むしろ気持ちの良さに施術中に眠ってしまう患者さんもいるほどです。
時間は1回あたり60~90分で、終わった後はつるつるの歯面が確認できることと思います。
これを1~3ヶ月に1回の割合で受けることで、歯周病の進行を抑制したり、虫歯の発生を抑えることが可能となります。

自費診療

メインテナンス(PMTC)¥5,000

※すべて消費税が別途にかかります。
※現金一括払いおよび複数本の場合割引制度有り。詳しくはお見積を!